01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

野鳥との語らい

  : 

外に出た時に偶然見掛けた可愛い野鳥たちの姿。 そんな馴染みの鳥たちとの出会いを気軽に写真で楽しんでいます。 野鳥は、わたしにとって「自然」への道案内的な存在なのです。

初撮りの キレンジャク 

 先日5年ぶりに出会ったヒレンジャクの群れは、40~50羽位だったでしょうか。 始めはヒレンジャクだけの群れかと思いましたが、細かく観察してみると10羽ほどのキレンジャクが混じっていました。 ヒレンジャクは尾の先が赤ですが、キレンジャクの尾の先は黄色ですので区別は容易です。

180219_090624.jpg

180219_090355.jpg

 キレンジャクの位置を確認してみると、この混群では、完全にヒレンジャクの中に混在しているのではなく、キレンジャクは微妙に固まっていることが分かりました。 境界はファジーですが、ことによったら、キレンジャクが後から飛来してヒレンジャクの群れの端で羽根を休めたのかも知れません。

180219_090746.jpg

180219_090806.jpg

180219_090825.jpg

(今日の散歩道)   キジバト、ムクドリ、スズメ、ヒヨドリ、ツグミ、トビ、ハシボソガラス、カワラヒワ、カケス、ジョウビタキ、シジュウカラ、コゲラ、ヒレンジャク、キレンジャク、ルリビタキ、モズ、アカゲラ、ホオジロ、カシラダカア、エナガ

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

5年ぶりの ヒレンジャク 

 先日のレンジャクの群れの大半は、ヒレンジャクが占めていました。 こうしてヒレンジャクの群れを観察できたのは、5年ぶりのことです。

 長い間羽根を休めていたので撮影時間は確保できたのですが、小枝が邪魔になり、体全体が見られる個体は少なく残念でした。 これだけの群れでしたら、再観察のチャンスがあるかも知れません。

180219_085819.jpg

180219_090008.jpg

180219_085629.jpg

180219_085748.jpg

180219_091040.jpg

180219_091213.jpg

180219_091258.jpg

(今日の散歩道)   キジバト、ムクドリ、スズメ、ヒヨドリ、ツグミ、トビ、ハシボソガラス、ジョウビタキ、アカゲラ、カケス、ホオジロ、カワラヒワ、ヒレンジャク、カシラダカ、シジュウカラ

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

群れる ヒレンジャク 

 少しずつ冬芽が大きくなり始めた高木の枝に、中型の鳥が群れて羽根を休めていました。 レンズを通してその正体を確かめると、何と5年ぶりのヒレンジャクとの再会です。

 驚かさないように慎重に距離を詰めながら、前進しながら何枚がシャッターを切りました。

180219_085339.jpg

180219_085406.jpg

 写真では、ヒレンジャクの姿だけですが、この撮影後さらに距離を詰めると、キレンジャクの姿も確認できました。 後日アップの予定です。 4~5月頃までとどまるはずですから、再会できるのを楽しみにしています。

180219_085435.jpg

180219_085322.jpg

(今日の散歩道)   ヒヨドリ、スズメ、キジバト、ムクドリ、ジョウビタキ、イカル、ツグミ、ハシボソガラス、カワラヒワ、カケス、カシラダカ、ガビチョウ、ツミ、トビ、ヒレンジャク、キレンジャク、ルリビタキ、アオゲラ、アカゲラ、ホオジロ、シロハラ、シジュウカラ

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

今季初撮りの トラツグミ 


 ツグミといえば冬鳥の代表格ですが、久しぶりにトラツグミが姿を見せました。 枝被りで腰から先は隠れてしまいましたが、「わたしの散歩道」周辺では滅多に観察できない鳥ですので、飛来確認の証拠写真としてアップしておきました。

180208_084543.jpg

180208_084552.jpg

(今日の散歩道)   ヒヨドリ、スズメ、ハシボソガラス、キジバト、ムクドリ、ツグミ、ホオジロ、カワラヒワ、トビ、カケス、シジュウカラ、コゲラ、ガビチョウ、モズ、トラツグミ、イカル、シロハラ、ルリビタキ、アオゲラ、アカゲラ

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

雄の コゲラ 


 コゲラとエナガとシジュウカラが混群で姿を見せました。 普段は余り雄の後頭部の赤い斑が確認できないのですが、注意深く見ると確かに赤い斑があり雄のコゲラであることが分かります。

180203_085514.jpg

180203_085517.jpg

180203_085515.jpg

180203_085704.jpg

(今日の散歩道)   ヒヨドリ、スズメ、ムクドリ、ツグミ、キジバト、ジョウビタキ、エナガ、シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラ、アオゲラ、ミヤマホオジロ、カシラダカ、ホオジロ、カワラヒワ、シロハラ、ハシボソガラス

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

   コゲラ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

草の種子をついばむ イカル 


 先週は気温が上がり、冷え込みが随分緩み、雨の降った日もあったことから随分雪も解けました。 しかし、まだ日陰部分には、残雪も多く、野鳥たちの餌探しの苦労は完全に消えたとは言えません。

180203_090121.jpg

180203_090120.jpg

180203_090136.jpg

180203_090204.jpg

 イカルの群れが雪からかろうじて頭を出している草の種子を狙ってやってきて、夢中で種子をついばんでいます。 いつもならばすぐに逃げ去るのですが、餌を食べることに夢中になっているためか、随分近くまで近寄らせてくれました。

180203_090216.jpg

180203_090218.jpg

180203_090225.jpg

(今日の散歩道)   スズメ、ムクドリ、ヒヨドリ、ホオジロ、ツグミ、アオゲラ、モズ、カワラヒワ、トビ、シロハラ、カケス、シジュウカラ、ハシボソガラス、コゲラ、キジバト、イカル、ヤマガラ、ガビチョウ、アトリ、カシラダカ


テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

   イカル  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

快晴の朝の ホオジロ 


 青空が広がる朝は、冷え込みが一段と厳しくなるものです。 そんな抜けるような青空を背景に一羽のホオジロが枝先に留まり、周囲を見回していました。
 厳寒がまだ去らない冬ですが、ホオジロのつかむ枝先の冬芽は、随分膨らんできています。 2月も中旬、遠くから春の足音が聞こえてきそうです。

180121_090009.jpg

180121_090014.jpg

(今日の散歩道)   ヒヨドリ、スズメ、ムクドリ、ツグミ、ホオジロ、コゲラ、シジュウカラ、アトリ、ヤマガラ、シロハラ、カシラダカ、トビ、ジョウビタキ、ハシボソガラス、トビ、アオゲラ、ガビチョウ、カワラヒワ、カケス、アカゲラ


テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

   ホオジロ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

餌を探す ミヤマホオジロ 


 散歩道の半分ほどは舗装された道路です。 車や人が通ることはほとんどなく、道路の両側は雑木林や小さな畑が広がり、探鳥をするには好条件です。
 耳を澄ませゆっくりと山道を登って行くと路上にミヤマホオジロが数羽餌を探して歩いていました。 日陰にはまだ雪が残っています。

180131_090658.jpg

180131_090711.jpg

180131_090723.jpg

180131_090853.jpg

(今日の散歩道)   スズメ、ムクドリ、ヒヨドリ、ハシボソガラス、ツグミ、シロハラ、キジバト、トビ、アオゲラ、シジュウカラ、カシラダカ、モズ、ジョウビタキ、カケス、コゲラ、カワラヒワ、ルリビタキ

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

雪原の アトリ 


 先日の雪により、また一面白銀の世界が広がりました。 なかなか降った雪は消えそうにありません。 そんな場所で、わずかにのぞいた地面の植物を見付け、野鳥たちが採餌に夢中です。

180203_085753.jpg

(今日の散歩道)    ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ、ツグミ、ホオジロ、アオジ、カケス、、ルリビタキ、キジバト、シジュウカラ、エナガ、コゲラ、ハシボソガラス、ノスリ、カシラダカ、アトリ、カワラヒワ、ミヤマホオジロ、シロハラ、アオゲラ、モズ

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

   アトリ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

雪原で採餌する カシラダカ 


 今朝も昨夜の雪で、外は白銀の世界が広がっていました。 積雪そのものは、たった1㎝ほどですが、そんなわずかな積雪でも餌を探す野鳥たちにとっては採餌する地面が隠れてしまい大変です。
 枯れ草が積もった雪から顔を出している場所で、カシラダカの群れが賢明に草の果実をついばんでいました。

180206_093333.jpg

180206_093332.jpg

(今日の散歩道)   ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミ、スズメ、ハシボソガラス、キジバト、カワラヒワ、シロハラ、ガビチョウ、ヤマガラ、ホオジロ、シジュウカラ、コゲラ、イカル、カシラダカ、モズ、ジョウビタキ

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真