FC2ブログ
12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

野鳥との語らい

  : 

外に出た時に偶然見掛けた可愛い野鳥たちの姿。 そんな馴染みの鳥たちとの出会いを気軽に写真で楽しんでいます。 野鳥は、わたしにとって「自然」への道案内的な存在なのです。

枝被りの ベニマシコ 


 溜池に通じる坂をゆっくり下っていくと、こちらの気配に気付いたか、2~3羽の鳥がりんご園に向かって飛び立ちました。
 どうせよく見掛けるホオジロかカシラダカだろうと思いながらファインダーを覗くと、この冬初めて出会ったベニマシコでした。 ここ数年観察機会がめっきり少なくなっていますが、残念なことに小枝が被ってしまいました。

190119_090329.jpg

190119_090331.jpg

190119_090333.jpg

(今日の散歩道)   カケス、ムクドリ、スズメ、ツグミ、ハシボソガラス、セグロセキレイ、モズ、カシラダカ、ホオジロ、シジュウカラ、コゲラ、アトリ、ヤマガラ、エナガ、イカル、トビ、ベニマシコ、キジバト、アカゲラ、ジョウビタキ

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

8年ぶりの カワセミ 


 千曲川の支流、ゆったりとした流れの岸辺、流れにせり出すようにヤナギやニセアカシヤなどが枝を伸ばしています。 覆いかぶさるようにして伸びた枝込みの中に白く糞で汚れた枝があります。

190123_103944.jpg

190123_104200.jpg

 ここは、バーダー仲間に教えてもらったカワセミの姿を見せるポイントです。 教えてもらって初めて訪れたのですが、幸運なことにすぐにその姿を発見。 この場を飛び去るまでわずか7~8分という短時間でした。
 動きのあまりない休憩中の姿でしたが、何とか8年ぶりの撮影にまでこぎ着けることができました。

190123_104234.jpg

190123_104235.jpg

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

   カワセミ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

柿を啄む ヤマガラ 


 雪の積もった朝は、地上の枯れ草が雪の下になってしまい種子を啄むことができません。 こんな時は、木の実が野鳥たちにとってはありがたい食料となります。

181223_091215.jpg

181223_091214.jpg

181223_091216.jpg

181223_091226.jpg

181223_091234.jpg

181223_091233_01.jpg

(今日の散歩道)   ツグミ、スズメ、ムクドリ、ヒヨドリ、ハシボソガラス、セグロセキレイ、キジバト、ジョウビタキ、ホオジロ、カケス、カシラダカ、エナガ、メジロ、シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラ、ルリビタキ、トビ、シメ、アトリ、ガビチョウ

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

   ヤマガラ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

振り向く カシラダカ 


 昨日の夕暮れは雨が降っていましたが、夜になって気温が下がり雨から雪に変わったようです。 今朝は、昨日の雨が凍ったとみえ、道路は凍結してツルツル状況でした。
 こんな寒い朝は、木々の冬芽もきっとしっかりと身を締めて冷え込みに絶えているんでしょうか。
 
181230_085245.jpg

181230_085259.jpg

(今日の散歩道)   イカル、ツグミ、ヒヨドリ、スズメ、ムクドリ、カケス、ホオジロ、シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラ、カシラダカ、ハシボソガラス、キジバト、トビ

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

河原の セグロセキレイ 


 この辺りで比較的よく観察されるセキレイ類は、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイです。 わたしが野鳥に興味を持ち始めた頃は、キセキレイとセグロセキレイが圧倒的に多く見られましたが、今では、この辺りでもっとも幅をきかせているのは、ハクセキレイです。

190112_132749.jpg

 千曲川に久しぶりに出掛けてみるとセグロセキレイが姿を見せました。 キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイは、それぞれ棲み分けをしているようですが、長い年月をたどってみると、何となくハクセキレイに押され気味のような気がしてなりません。
 
190112_132752.jpg

 日本の固有種で、年間を通して日本を離れないセグロセキレイは、日本人よりも日本的な鳥と言われています。 ブログのプロフィール写真としても使っているこの鳥はわたしのお気に入りの鳥なのです。

190112_132755.jpg


テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

たたずむ ダイサギ 


 千曲川の本流から外れた流れの緩やかな場所に行くと、冬期間はこうしてサギたちがたたずんでいる姿が、よく見掛けられます。 ほとんど動くことなく長い時間同じ場所にたたずむ姿は、冬の風物詩と言ってもいいかもしれません。

190112_131028.jpg

190112_135146.jpg

190112_135154.jpg

190112_135251.jpg


テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

   ダイサギ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

幹を登る アオゲラ 


 放射冷却で、指先が痛くなるほどの寒い朝。 冬枯れの雑木林に、ピョーピョーピョーという口笛のような鳴き声が響きます。

181221_083107.jpg

181221_083121.jpg

181221_083133.jpg

181221_083137.jpg

(今日の散歩道)   ヒヨドリ、スズメ、ムクドリ、ホオジロ、シジュウカラ、ツグミ、イカル、キジバト、ハシボソガラス、カケス、コゲラ、トビ、アオゲラ、カシラダカ

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

   アオゲラ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

熟し柿を食べる メジロ 

 散歩道を歩いて行くと、雑木林の外れに忘れられたように二本の柿の木が生えています。 もちろん手が入れられた柿の木ではありませんので、なっている柿もとても小ぶりです。 しかし、このところの寒さ続きでわずかに残っている柿もすっかり熟れ、とても柔らかくなっています。

190112_085604.jpg

190112_085541.jpg

 こんな柿を野鳥たちが見逃すはずがありません。 この朝もメジロ、エナガ、シジュウカラ、コゲラ、ヒヨドリなどが入れ替わりやって来ては啄んでいました。

190112_085605.jpg

190112_085542.jpg

(今日の散歩道)   ヒヨドリ、スズメ、ムクドリ、ツグミ、カケス、キジバト、コゲラ、カシラダカ、シジュウカラ、エナガ、メジロ、ハシボソガラス、ホオジロ、イカル、ジョウビタキ、トビ、ヤマガラ


テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

   メジロ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

水面を泳ぐ オオバン 


 フィールドにしている「散歩道」では、水鳥の姿を見掛けるのは、溜池に飛来する僅かな種類だけです。

 従ってこうした水鳥がここに登場するのは他所での撮影が多くなります。 久しぶりに千曲川に出掛けた時に、水面を滑るように悠々と泳いでいるのをたまたま見掛けたました。

190112_134509.jpg

190112_134334.jpg

190112_134402.jpg


テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

   オオバン  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

晴天の朝の アトリ 


 昨日は冬型の気圧配置が強まり、厳しい冷え込みでした。 菅平では、国内最低の氷点下23度を記録しました。
 今朝は一気に気温が上昇し、随分しのぎやすい朝でした。

181230_085004.jpg

181230_085021.jpg

(今日の散歩道)   ヒヨドリ、ツグミ、スズメ、ムクドリ、アカゲラ、カケス、シジュウカラ、カシラダカ、ハシボソガラス、キジバト、アトリ、アオゲラ、トビ、コゲラ

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

   アトリ  /  tb: 0  /  cm: 3  /  △top