07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

野鳥との語らい

  : 

外に出た時に偶然見掛けた可愛い野鳥たちの姿。 そんな馴染みの鳥たちとの出会いを気軽に写真で楽しんでいます。 野鳥は、わたしにとって「自然」への道案内的な存在なのです。

子どもカイツブリの潜水  


 まだ親離れが十分でないカイツブリの子どもが一羽離れて、水面を泳いでいました。 そのうち潜水を始めたので、潜水直前から浮き上がり直後までの連続撮影をしてみました。









 注意してみると、水紋の先に潜っていくカイツブリの子どもの姿が見られましたが、この直後数秒間は姿が確認できなくなりました。

 運良くねらいを付けた場所近くに浮き上がってきてくれました。





 首を左右に激しく振っている際、何か嘴にくわえていたようにも見えましたが、残念ながら十分な確認はできませんでした。





( これらの連続写真は、カイツブリの出現位置を予測しての撮影でしたので、全て少々トリミングを施してあります。 )

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

いつも連れ添う カイツブリの親子 


 林に接した池から、「ピッ、ピッ、ピー」という、カイツブリの声が聞こえてきます。 静かな水面をカイツブリが滑るように泳いでいます。 親鳥が移動すると、その後を追うように幼鳥がついて行きます。







 静かな池の水面で見られた、何とも微笑ましいカイツブリの親子の姿にこころが和みます。
 



テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

神出鬼没の カイツブリ 


 久しぶりに千曲川に行ってみました。 緩やかな流れでカイツブリが盛んに潜っていました。 きっと魚を捕っていたのでしょうが、魚を加えて上がってくるのを期待したのですが、残念ながら不漁でした。
 それにしても、いったん潜ったらどこに姿を現すのか予測も付かない、神出鬼没のカイツブリなのです。










テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

潜りの名人 カイツブリ 


 余り目立つ色ではないが、水面を滑るように泳ぎ、時々潜水しては、思いも寄らない位置に顔を出していました。 「一丁潜り」 「八丁潜り」 などの愛称で親しまれている、カイツブリです。

21_20111014092608.jpg

22_20111014092622.jpg

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真