04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

野鳥との語らい

  : 

外に出た時に偶然見掛けた可愛い野鳥たちの姿。 そんな馴染みの鳥たちとの出会いを気軽に写真で楽しんでいます。 野鳥は、わたしにとって「自然」への道案内的な存在なのです。

よく見掛ける カヤクグリ 


 いつも立ち寄る散策路脇の日当たりのいい南斜面、ここに来るとよくカヤクグリに出会うことができます。 どうやらこの冬は、ずっとこの周辺を生活圏にしていたのではないかと思います。
51_20111014102058.png
52_20111014102109.png
53_20111014102120.png

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

いつもの カヤクグリ 


 冬季になるとよく低山の林縁などで採餌している姿を目撃します。 茶色の地味な鳥ですが、いつも同じ林縁部の斜面に出現してくれます。 この鳥も日本固有種だそうです。
 いつものように、いつもの場所で、昨日も姿を見せてくれました。

41.png

42.png

43.png

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

地味な色彩の カヤクグリ 

 雑木の林縁斜面で、かすかな生き物の動きを感じました。 慎重に近づき目を懲らしてよく見ると、地味な色彩をした鳥が見つかりました。 現場では、クロジだと思って撮影しましたが、後で写真を拡大してみると、カヤクグリであることが分かりました。

31_20111014095449.jpg

32_20111014095533.jpg


 ちなみに、カヤクグリとクロジとの相違は、
  ○ 嘴が真っ黒で先が尖っている。 (クロジの下嘴はピンクで、嘴の先端部のシャープさはない。)
  ○ 上面が全体として暗褐色で、下面が濃い灰色である。 (クロジの頭部は濃い灰色)
  ○ 地鳴きがチリチリチリと金属的である。 (クロジはジ、ジと単音の繰り返し)
などがあげられます。

33_20111014095545.jpg

34.jpg

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

草むらを先行する カヤクグリ 


 随分長い間草むらを潜って移動していた鳥が、ようやくその姿を見せました。 全体が茶褐色の何とも地味な鳥です。 カヤクグリは、信州では春から夏にかけては高山帯の低木林で生活し、秋から冬はこうして低山帯に下がり、山麓の低木林に姿を現します。

21_20111014095104.jpg

22_20111014095112.jpg

23_20111014095120.jpg

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

種名決定に迷った カヤクグリ 


11_20111014094903.jpg



 雑木林の山道を歩いていると、藪の中から地味なスズメ大の小鳥が飛び出し、道脇の枯れ枝に留まった。 レンズを通してみる鳥の姿は私には馴染みの薄い鳥だ。 「とにかく写真を…」と思い数枚撮影したが、どれもこれもピントが甘く、おまけに手持ち撮影だったのでブレている。 結局、いい写真は一枚もなかった。

 名前を調べてみたが、どうもはっきりしない。 そこで、ウェブ上でみなさんの力をお借りしてみたが、回答いただいた名前も意見が分かれた。 とりあえずここでは、発見した場所の環境やいただいた回答を参考にして、私の思いに一番近い 「カヤクグリ」とした。
 もし、違っているようでしたら、お教えいただけると嬉しいです。

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真