02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

野鳥との語らい

  : 

外に出た時に偶然見掛けた可愛い野鳥たちの姿。 そんな馴染みの鳥たちとの出会いを気軽に写真で楽しんでいます。 野鳥は、わたしにとって「自然」への道案内的な存在なのです。

霜の朝 ・ ツグミ 


 晴れ渡った朝、ブドウ畑に日が差し込み、吹き渡る風こそまだ冷たさが残っていますが、朝日をいっぱいに浴びてブドウ棚にツグミが周囲を見回しながらたたずんでいました。


 陽射しの当たる場所は、ホッとするような温かさを感じますが、一歩日陰に入ると霜のあとがくっきりと見え、そんな寒々とした枯れ葉の広がる地面では、ツグミが枯れ葉をひっくり返しては、餌を探していました。 冬と春が同居したようなツグミの生活光景です。


(今日の散歩道)   キジバト、ムクドリ、スズメ、カワラヒワ、ツグミ、イカル、ヒヨドリ、オナガ、ハシボソガラス、ノスリ、ホオジロ、カケス、アトリ、コゲラ、カシラダカ、モズ、シジュウカラ、トビ、ジョウビタキ、アカゲラ


テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

   ツグミ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

りんご園の ツグミ 


 この辺りでは冬鳥の代表格に数えられる鳥はツグミですが、散歩道沿いにあるりんご園やぶどう園などの果樹園に行くとかならず姿が見られます。

 二足歩行をしながら地上で採餌をしていることが多いのですが、人の気配に気付くとこうして果樹の枝に映り、周囲を見回しています。




テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

   ツグミ  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

果樹園の ツグミ 


 2月もあと数日を残すだけになり、気がつけば雪もすっかり解け、果樹園の地面の草も随分緑が増えてきました。 ブドウ畑やリンゴ畑ではツグミが群れをなして採餌している姿をよく見掛けます。 時々立ち止まっては首を伸ばし周囲に気を配っている姿には、どこか愛嬌を感じます。

 しかし、人の気配を感じるとさっと飛び立ち、安全な木の上へと逃げていきます。





(今日の散歩道)   ムクドリ、ツグミ、カワラヒワ、ヒヨドリ、スズメ、モズ、トビ、シジュウカラ、カシラダカ、アオゲラ、アトリ、ルリビタキ、ヤマガラ、ハシボソガラス、ホオジロ、コゲラ、キジバト、オナガ、ジョウビタキ、イカル


テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

   ツグミ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

寒風にたたずむ ツグミ 


 陽が当たると暖かさを覚えるとはいえ、吹く風はひんやりと冷たく、思わず身を縮めてしまいます。
 
 まだ堅い木の芽の小枝に止まっているツグミの羽も、吹き渡る寒風に時折逆立っています。 木の芽が動き出す春は、もう少し先のようです。



(今日の散歩道)   ムクドリ、スズメ、ツグミ、ヒヨドリ、カワラヒワ、アトリ、ハシボソガラス、シジュウカラ、コゲラ、トビ、アカゲラ、ヤマガラ、カケス、ジョウビタキ、ホオジロ、カシラダカ、アオゲラ

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

   ツグミ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

水浴する ツグミ 


 目覚めた直後、部屋の窓を開けると、まだ薄暗い外はうっすらと雪が降った跡が白く、雪景色でした。

 朝食後、いつもの散歩道を登って行くと過日シロハラとツグミが水浴していた水溜まりで、一羽のツグミが水を浴びていました。 先程から手袋をしている指先が冷たくポケットで温めていたのですが、ツグミたちはこんな冷たさも平気なのでしょうか…。




(今日の散歩道)   ムクドリ、ヒヨドリ、スズメ、ツグミ、ハシボソガラス、モズ、ジョウビタキ、カワラヒワ、キジバト、イカル、エナガ、コゲラ、ホオジロ、カシラダカ

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

   ツグミ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top