02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

野鳥との語らい

  : 

外に出た時に偶然見掛けた可愛い野鳥たちの姿。 そんな馴染みの鳥たちとの出会いを気軽に写真で楽しんでいます。 野鳥は、わたしにとって「自然」への道案内的な存在なのです。

珍しく ヒガラが… 


 朝から爽やかな秋空が広がり、放射冷却現象からか随分冷え込みました。 しばらく山道を歩いただけで、カメラを取り付けた一脚を握る手が冷たく感じられます。

 いつも風情が感じられない電線止まりの野鳥の姿ですが、この散歩道周辺では、年間数えるほどしか観察できないヒガラが姿を見せてくれました。


(今日の散歩道)   ヒヨドリ、スズメ、ムクドリ、モズ、ハシボソガラス、ジョウビタキ、イカル、カケス、ホオジロ、シジュウカラ、カワラヒワ、コゲラ、ヤマガラ、ヒガラ、ガビチョウ

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

   ヒガラ  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

蔓にぶら下がる ヒガラ 


 きょうから4月ですが、カラ類はまだ群れになっているようで、シジュウカラ、ヒガラ、コガラ、ヤマガラ、コゲラなどが混群で賑やかに移動しています。

 そんな混群の中にいた一羽のヒガラが、蔓にぶら下がって何かを捜しているようでした。





(今日の散歩道)   キジバト、ガビチョウ、ムクドリ、ツグミ、スズメ、アカゲラ、カワラヒワ、ウグイス、ヒヨドリ、ハシボソガラス、ホオジロ、シジュウカラ、ヤマガラ、ヒガラ、コゲラ、コガラ、アオゲラ

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

   ヒガラ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

木の芽をついばむ ヒガラ 


 すっきりと晴れ渡った空が広がる朝の散策。 まだカラ類が混群をなして雑木林を移動していきます。 混群のメンバーを確認してみると、幸運なことに前回に続いて何羽かのヒガラの姿もみられました。



 このところの暖かさで少しずつ膨らんできた雑木の芽を盛んについばんで食べているようです。 忙しく移動していきますが、この時ばかりは数秒間同じ所に留まるので、この時が絶好の撮影チャンスです。




(今日の散歩道)   スズメ、ツグミ、ムクドリ、ハシボソガラス、ヒヨドリ、モズ、ウグイス、キジバト、アオジ、カワラヒワ、シジュウカラ、ヒガラ、ヤマガラ、エナガ、ルリビタキ、カケス、コガラ、キセキレイ、ホオジロ、イカル

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

   ヒガラ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ヒガラが出現した初春の雑木林 


 カラ類の中でも最も小さい体のヒガラも姿を見せてくれました。 頭の上の短い冠羽が何ともかわいい。 前掲のコガラに続いて、今季初撮りの鳥です。
 枝が混み合った雑木林での観察でしたが、何とか混み合った枝の間を透かしてものにすることができました。

 陽射しは大分春めいてきましたが、風は冷たく、朝の散策には応えます。 木の芽も、少しずつ動いているようにも見えますが、霜の続いている朝とあっては、まだまだしっかりと萌芽するのには躊躇しているようです。





(今日の散歩道)   ガビチョウ、モズ、スズメ、ムクドリ、ツグミ、カワラヒワ、ヒヨドリ、ハシボソガラス、ヒガラ、ホオジロ、キジバト、ウグイス、シジュウカラ、アカゲラ、ジョウビタキ


テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

   ヒガラ  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

樹洞から姿を見せた鳥 ヒガラ 


 前掲のミソサザイが鳴いていた森林をさらに歩いて行くと、高さ5mほどの木の幹に樹洞があるのが目にとまりました。 暗い樹洞の中でなにやら動くものがいます。 鳥の巣でしょうか…。


 レンズを向けると、運良く樹洞から出てきて、姿を見せてくれました。 育雛中なのか、すぐに飛び去ってしまいましたが、姿の主は、どうやらヒガラのようです。


テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

   ヒガラ  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top