07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

野鳥との語らい

  : 

外に出た時に偶然見掛けた可愛い野鳥たちの姿。 そんな馴染みの鳥たちとの出会いを気軽に写真で楽しんでいます。 野鳥は、わたしにとって「自然」への道案内的な存在なのです。

巣作り中の ミソサザイ 


 とがくししんりんしょくぶつえんの清流が流れる森の木道を歩いて行くと、近くでミソサザイの鳴き声が聞こえました。 すぐに姿を見付けましたが、木の葉陰で姿全体がなかなか見えません。
170623_121141.jpg
170623_132119.jpg
 嘴に何かたくさんくわえている姿がチラチラ見えます。 始めは虫を嘴一杯にくわえているのかと思いましたが、帰宅してパソコンで画像を見ると、どうやらコケ類をくわえているようです。 多分巣作り中ではないかと思われます。
170623_132123.jpg
170623_133000.jpg
170623_133007.jpg
 しばらく観察していると、巣材を運んだ跡、必ず気の切り株の上で囀ることが分かりました。 どうやらここがソングポストのようです。 あとは、そこに狙いを付けてミソサザイが姿を現すのを待つばかりです。
170623_133008.jpg
170623_133001.jpg
170623_133005.jpg

テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

森林の ミソサザイ 


 深緑の森林にミソサザイの声が響いていました。 上を見上げると、高木の枯れ枝に止まったミソサザイが、体に似合わず大声で囀っています。

 ミソサザイは、こんな深緑の苔むしたような森林によく似合います。




テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

目の前で囀る ミソサザイ  

 先ほどからミソサザイの大きな囀り声が聞こえています。 わたしの10メートル程手前の木道を歩いていたご夫婦が、急に足を止めて立ち止まりました。 だいたい二人の前でどんなことが起こったのかは想像がつきました。

 二人の目の前の杭の上で、ミソサザイが囀っているのです。



 やがて囀っていたミソサザイも木道の脇に姿を隠すと、二人も再び歩き始めました。 わたしも二人から距離を置きながら静かに歩を進めると、何と再び目の前にミソサザイが姿を現しました。







 誰もいない至近距離での撮影の独り占めです。 しばらくの間目の前で囀りを披露してくれました。 もうこれ以上近づけない、最短焦点距離での至福の撮影時間でした。






テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

目の前で囀る ミソサザイ  


 ご夫婦らしいバーダーが二人、ミソサザイの姿を探していました。 声はすれども姿は見えず…。 わたしも近くで探しましたが、本当に近くでミソサザイが囀る声はするのですが、どこにいるのか分かりません。

 その時、何と 「早く見付けてよ。」 といわんばかりに目の前1mほどしか離れていない杭の上に突然姿を現しました。 もちろん近すぎて撮影のしようがありません。 あわてて後ずさりすると、あっと言う間に窪地に姿を隠してしまいました。

 ご夫婦のバーダーはやがて諦めて先に歩きだしましたが、待つこと3~4分…。 小枝にとまっているミソサザイを再発見!!。



 やがて、こんな小さな体のどこから出しているのだろうと思われるような大きな声で囀りを始めました。 今年初観察の、初撮影です。 ファインダーを覗き撮影していると、わたしの気配を察知してか先ほどのバーダーがあわてて戻ってきたようです。 やがて、「もうこれで十分かい?」 といった顔つきでこちらに視線を送ると、再び藪の中へと姿を消しました。




テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真

森に響く ミソサザイの声 


 苔むした森、近くでミソサザイの賑やかな囀りがします。 いました! 小さな身体のどこからこの高らかな声が出るのだろうと思うような声で、囀り続けていました。 この小枝を離れても、しばらくすると再び同じ場所に姿を現します。 どうやらこの枯れ枝がお気に入りのソングポストでしょうか。







 しばらくすると、ハイカーが森の道を歩いてきた気配に、この場所から姿を消しました。 どこに行ったのか見失ってしまいましたので、諦めて歩き始めようとすると、すごい至近距離に突然姿を現しました。 慌ててカメラを向けてのこの一枚。折角のシャッターチャンスだというのに、ピントはどこに行ってしまったのでしょうか…。
 最近、こうした写真が多く、ピント恐怖症気味です。 素人写真とは言え、まだまだ修行を積まないといけません。


テーマ: 野鳥の写真

ジャンル: 写真